ネットショップで稼ぐなら広告は必要不可欠

ネットショップで稼ぐ為に 基本 広告は必要不可欠です。

ネットショップで稼ぐ為には 商品を売る必要があり 商品を売る為には お客さんが来ないと 売れません。

ネットショップを開店しても 簡単には お客さんは来ません。

ネットショップで商品を販売しても お客さんが来ないと売れません。

広告以外でも ネットショップに集客する方法はありますが、簡単じゃ有りませんし、安定して集客する事は難しいんです。

だから 広告での集客は ネットショップで稼ぐ為に必要不可欠なんですね。

では 広告について説明していきます。

広告には、いろいろな種類があります。テレビ・新聞・雑誌・ネット広告など いろいろとありますが、費用対効果などの事を考えると やはり 小規模のネットショップでも出来る ネット広告が一番 身近で使い勝手が良い広告だと思いますので 説明していきます。

○ネット広告の種類

・検索エンジン連動広告

検索エンジン連動広告とは、GoogleやYahooなどの大手の検索エンジンの検索結果に連動して掲載される広告の事です。

検索エンジン連動広告では、ワンクリックの金額と掲載キーワードや地域などを選ぶ事が出来ます。

売りたい商品に関連するキーワードを選別し 広告料を決めて掲載出来るので 費用対効果もわかりやすいんです。

広告料に付いては、数千円からでも 出来るので 小規模のネットショップでも簡単に利用出来るんですね。

そして GoogleとYahooによって ターゲットの違いがあると思いますので 説明しておきます。

Googleの場合は、どちらかと言うと こだわりを持った人が利用しているように思いますので、専門性の高い・個性的・レアな商品を販売する場合は、Googleの検索エンジン連動広告Google AdWordsを利用すると良いと思います。

Yhaooの検索エンジン連動広告の場合は、一般的な方が多く利用しているように思いますので、いろいろな商品に使えると思います。

・他のサイトで広告

他のサイトで広告してもらう方法です。

サイトを探して 掲載交渉などをして 掲載してもらうって方法もありますが、一般的には、アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を利用する方法の方が 手間は省けますし 効果が見込めると思います。

ASPとは、広告代理店のような感じで 企業から広告掲載を請け負い 沢山のサイトに広告掲載を斡旋するサービスなんですね。

ASPには、それなりに集客できるサイトを持っているサイト運営者が登録しており 企業の広告をそのサイトで掲載してくれるんです。もちろん有料ですけど。

他にも いろいろなネット媒体で広告が出来る所がありますので いろいろと試してみるのも良いと思います。

ネットショップで安定して稼ぐ為には、広告の知識は とても大切な武器になります。

実践し 費用対効果を検証し そして 改善して 広告を利用する事で ネットショップで成功できると思います。

ページTOPへ

ネット稼ぐban Pickup
ポイントで稼ぐ アンケートで稼ぐ
文章で稼ぐ アフィリエイトで稼ぐ
写真で稼ぐ ブログで稼ぐ
ネットショップで稼ぐ オークションで稼ぐ