アクセスアップ(集客)の基礎を学ぶ

ホームページ・ブログ・ドロップシッピング・ネットショップなどのサイトで稼ぐ為には、人がサイトにアクセスしてくれないと稼げません。

ホームページやブログなどでは、サイトに人がアクセスして、アフェリエイトの広告などを見てくれたりしないと 稼げませんし、ドロップシッピング・ネットショップでは、商品を購入してもらわなければ稼げないので、人がアクセスしないと 絶対に 商品が売れませんよね。

ネット上にサイトを公開しても サイトに 人が来ないのであれば、存在しないのと同じになります。

存在しないサイトじゃあ稼げませんよね。

だから サイトを運営して稼ぐ為には、サイトへの集客 アクセスアップが必要なんです。

まずは、サイトに 人がアクセスする方法について考えてみます。

1.検索エンジンで キーワードでサイトを探してサイトにアクセス。
2.見ているサイトで 紹介・リンクされているサイトにアクセス。
3.検索エンジンの 広告でサイトにアクセス。
4.テレビ・新聞・雑誌などの広告で知ってサイトにアクセス。

基本 上記の方法で サイトにアクセスすると思います。

3と4の方法は、基本 費用を使って 広告を出して サイトに集客する方法です。

ネットショップなどの場合は、広告を利用して 集客して 利益を上げる事が出来ると思いますが、基本 アフィリエイトなどの広告収入の場合は、広告を使った集客では、利益は難しいと思いますので、まずは 1.2のアクセスする方法についての対策を考えて行きます。

1.検索エンジンで集客(アクセスアップ)

検索エンジンで集客する為には、SEO対策について知る必要があります。

SEO対策とは、検索エンジン最適化と言って Google・Yahooなどの検索エンジンのキーワード検索に対して上位表示してもらう為の対策です。

インターネットで情報を探す時に、キーワードを入力して情報を探しますよね。そのキーワードで 上位表示する事で 集客が増えるから SEO対策を勉強しようって事です。

SEO対策には、内部要因と外部要因ってのがあります。

内部要因は、サイト管理者が出来るSEO対策で 外部要因は、外部のサイトに依存したSEO対策なんです。

だから まずは、内部要因のSEO対策について説明します。

■SEO対策 内部要因

○検索キーワードを考えた文章構成

まずは、検索キーワードを考えた 文章構成が必要になります。検索して欲しいキーワードを上手く使って文章を構成する必要があります。ページ毎に キーワードを決めて 文章構成を考えるんです。キーワードの比率は、全体の3~5%程度が良いと言われています。

○メタタグ・見出しタグ・強調タグ

・メタタグとは、サイトの表示部分に表示されませんが、検索エンジンには、解釈されます。

メタタグには、サイトの説明やキーワードを入れる部分がありますので、その部分がSEO対策に必要なんです。

こちらがキーワード部分 <meta name="keywords" content="SEO対策,集客 ">

こちらが説明部分 <meta name="description" content="ネットで稼ぐ為に勉強するサイト>

上記のような感じで入力するんです。

・見出しタグとは、h1・h2・h3などの見出しタグを使って 検索エンジンに大切なキーワードを知らせる為の方法です。見出しタグは あまり使いすぎると 逆効果になる場合がありますので、h1タグはページ毎に1回・h2タグはページ毎に2回程度にした方が良いと思います。

<h1>アクセスアップ</h1> このようにHTML内で入力します。
サイトで表示される時は、<h1>は見えなくなります。

・強調タグは、強調したい部分に使うタグです。強調したいって事は、大切なキーワードとして検索エンジンが理解するんですね。強調タグは、strongやbなどを使います。

<strong>アクセス</strong> <b>集客</b> このようにHTML内で入力します。
サイトで表示される時は、<strong>などは見えなくなります。

メタタグ・見出しタグ・強調タグで 検索エンジンに サイトの大切なキーワードを知らせる事で、SEO対策になるんです。

○その他 内部要因

検索エンジンは、サイトを自動的に調査して 良いサイトか?悪いサイトか?判断をするんです。

サイト訪問者が ページをどれくらいの時間見て どのページを見たか?を調査します。

滞在時間と何ページ見たかで サイトの評価が変わるんです。

だから ページの内容も大切ですし、他のページを見てもらう為に 内部のリンク位置なども大切になります。

そして 新しい情報を提供し続けているのか? サイトの更新頻度も調査するんです。

古いサイトの方が 評価される事もあります。長くあるサイトの方が 良いサイトと判断されるんだと思います。

古いサイトとして評価されるには、ドメインの取得年数などが関係するようなので、中古のドメインなども販売されているんですよ。

■SEO対策 外部要因

外部要因は、外部サイトからの評価です。

沢山の良いサイトから リンク(紹介)されているサイトは、検索エンジンから 良いサイトだと 評価されるんです。

自分で出来る事としては、相互リンク依頼や無料検索エンジンへの登録などが出来ます。

基本 内容が良いサイトを作って 勝手に 他のサイトがリンクしてくれるサイトにする事です。

SEO対策する為には、調査が必要ですので 下記を参考にして下さい。

2.他サイトでの紹介で集客(アクセスアップ)

他のサイトで紹介して貰う為には、まずは 内容が良く 人の為になるサイトを作る必要があると思います。

サイトが出来たら、無料の検索エンジンへの登録。

そして 作ったサイトと同じような内容のサイトと リンクをし合う 相互リンク依頼をしてみるのも良いと思います。ただし 内容の少ない ダメサイトと 相互リンクをすると 評価を下げる場合があるので、相互リンク依頼するサイトを選びましょう。

他には、Twitter・Facebookなどの SNSを利用して集客する方法も有ります。

後は、内容が良ければ いろいろなサイトで 勝手に紹介してもらえるようになるんです。

アクセスアップに必要な 基礎知識を紹介してみました。

アクセスアップの為には、まずは 良い内容・情報量の多い サイトを作る事が大切だと思います。

ページTOPへ

ネット稼ぐban Pickup
ポイントで稼ぐ アンケートで稼ぐ
文章で稼ぐ アフィリエイトで稼ぐ
写真で稼ぐ ブログで稼ぐ
ネットショップで稼ぐ オークションで稼ぐ